top of page
ピンクリボン 乳がん検診

​乳がん検診

乳がん検診の大切さ

乳房の病気のなかでいちばん注意すべきなのはやはり乳がんです。

最近では若い方も増加傾向にあります。乳がん検診の目的は、乳がんによる死亡率を減少させることです。

そのためには、乳がんの早期発見・早期治療がとても重要です。

日本では、40歳以上の女性は、2年に1回、マンモグラフィ検診を受診することが推奨されています。

ご自分のため、そしてご自分の大切な人のために定期的な乳がん検診を受けてください。

当クリニック院長が、乳がんのこと、自己検診のこと等をお話しさせていただいています。​どうぞご覧ください。

乳がん自己検診テレビ

検診には。

検診とは、症状等の訴えのない方が受けて、更に精密検査や治療が必要か否かを調べていただくものです。

​主に、社会保険本人に対し勤務先が行うような「職域検診」と、主婦・自営業者等が受け、市町が行う「住民検診」に分かれています。その他、個人の意見で内容を自由に選んで受ける「自費検診」があります。

費用について

「静岡市の住民検診」について

「静岡市の住民検診」

・静岡市に住民登録をしている女性で、職域検診以外の40歳以上の主婦・自営業者さん等が対象です。静岡市の「健診まるわかりガイド」をご参照ください。

自己負担は2,000円です。当院でも受け付けております。

・41歳になる年度にのみ、静岡市より対象者に市の乳がん検診の無料クーポンが送られます。これにより自己負担が無料となります。

費用

クーポン券あり(マンモグラフィ+視触診)

無料

クーポン券なし(マンモグラフィ+視触診)

2,000円

※視触診に関しては、現在、省略の方向で検討されております。

症状がなく全額ご自身の負担で検診を受けられる方

「自費検診」

「検診」とは、気になることがない方が、病気が隠れていないかを調べることで、基本的には「自費」扱いとなります。心配ごとがあって調べてほしい時でも、「診察してください。」と云われる方がおられますが、これは「診療」となり、「保険」扱いとなります。

​例)しこりがある気がする。硬い所がある。痛みがある。違和感(張り感、ツッパリ感など)がある。乳首から出るものが気になる。これら症状のある場合の他、検診で異常を指摘されたり、精査が必要と勧められた時も「診療」となり、「保険」扱いとなります。

当院での「自費検診」の費用は下記の表を参考にしてください。

検診内容

費用(税込)

視触診+マンモグラフィ+超音波
​(2日に分けて実施します)

15,000円+税

視触診+超音波
(基本的にはマンモグラフィと超音波の併用をお勧めしますが、マンモグラフィの痛みや妊娠時の被爆が心配な方はこれを省略します。)​

9,000円+税

視触診+マンモグラフィ
(マンモグラフィで判らなくても、超音波で判るものも多いので、基本的にはお断りしています。)

10,000円+税

 症状がある方、他施設の乳がん検診、人間ドックで有所見の方については保険診療となりますので、保険証をお持ちになり、通常通りの受診をお願いします。

受診の際は紹介状や結果票をご持参ください。可能であれば画像もお持ちください。

他施設からの紹介状をお持ちの方

健康診断、人間ドック等で精密検査を必要とされた方

何か症状(しこり、痛み、分泌等)のある方

乳がん検診の流れ

ご予約

ご予約はお電話にてお願いします。

​お気軽にお電話ください。

乳がん検診ご予約

受付

乳がん検診受付

ご予約日時に、以下のものをご持参のうえ、ご来院ください。

・クーポン券(お持ちの方のみ)

・過去の検診結果もお持ちいただくと有益です。データ(フィルム、ディスク)​を検診機関から借用またはいただいてきてもらうと、比較読影ができますので更に大変有用です。

・保険証

(検診の結果により保険診療に切り替わる場合がありますので保険証をご持参ください)

問診・視触診

​「診察」には、問診+視触診が含まれます。院長より、検診歴その他についての問診の後、視触診をしながらご自分での乳房チェックのやり方等についてお話しします。これが一番大切だと考えております。

乳がん検診問診

​画像検査・ご説明

原則、マンモグラフィと乳房超音波検査(エコー)を行います。

​当院では、より精確に診断・解説させていただくため、ご面倒ですが2回に分けて行わせていただいております。結果により、必要に応じ、精密検査追加のご相談をさせていただきます。

当クリニックでは、デジタルマンモグラフィを導入しています。

乳がん検診検査
設備(マンモグラフィ)

デジタルマンモグラフィ

乳がんの検診は「視触診」「マンモグラフィ(レントゲン)」「乳腺エコー(超音波)」の3つを行うことをお勧めしております。
当クリニックでは、デジタルマンモグラフィと、高精細モニターを用いたマンモグラフィ専用ビューワー(読影システム)を導入しています。
また、乳房専用レントゲンで撮影した写真の判定能力となる「マンモグラフィ読影試験成績認定 認定証発行番号第0392号 評価A」をいただいています。

bottom of page